今は目標の為だけに時間とお金を使う

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、野球の松坂投手が、「夢という、言葉は好きではない」といった話をされたことを知っている方もいるでしょう。

あくまでも、「夢」 は何もせず、思っているだけでは「単なる願望」に過ぎません。
「夢」とは何らかの行動を起こしてこそ、「夢」と言えるのではないでしょうか。
行動を起こさず、待っていることは「願望」 で終わってしまいます。
「夢」という目標をつかむのも、つかめないのも自分自身がどう行動したか、が問題であり、課題であります。

諦めず、もち続けることが大事であると思います。
ですから、「夢」というものは、「願うもの」ではなく、「つかむもの」であると考えています。
たとえば、1億円を貯めるのは通常のサラリーではほとんど難しいかと思います。

       ①宝くじを当てる。
       ②最近流行の、インターネットで稼ぐ。
       ③投資をする。

ざっと、3通りあげましたが、

①の宝くじ。
 買わなきゃ当たりません。当たる確立が、非常に少ないです。

②のインターネットで稼ぐ。
 確率的には5%くらいの人がある程度稼いでるようです。
はたして、第2のインターネットバブルと言われているくらいです。
将来は、なんともいえません。

③の投資する。
 投資といってもいろいろありますが、確立的に5%~10%の人が勝ち組。
年々億万長者が誕生してるようです。

以上から、②か③が可能性があります。
当会では、③の投資こそふさわしく、為替取引は、手っ取り早く現金に替えることもできる方法であり、将来性としてもまず、無くなる事はなく、日本の低金利の預金では老後の事を考えると、不安があるので低レバレッジの外貨預金としてはさらに注目されるでしょう 。
ただし、反面投資のなかでもレバレッジが高いとリスクも高く、中にはプロといえども破産する人もいるくらい危険なものでもあります。


続きを読む
スポンサーサイト
2006.12.27 09:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://gdjgrie48.blog86.fc2.com/tb.php/15-48692e80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。